またやってしまった・・・鍵紛失の対処方法と予防策を教えて!

あなたはどこかであなたの家の鍵を忘れてしまったのですか?

重要な家の鍵がどこにあるのかわからないと誰もが辛抱強くなります。

しかし、あなたが人間なら、誰もが偶然です。

あなたのホームキーを忘れると、静かに行動することが重要です。

今回は、家の鍵を忘れたときの対処方法と、鍵を忘れないようにする予防措置を紹介します。

キーを忘れるための解決策

キーを忘れるタイミングとしては、出張や出張など旅行に出かけるときにキーを忘れることが多いようです。

私がよく聞くのは、「鍵は私の家に送っていた荷物に保管されている」ということです。

しかし、あなたがあなたの鍵を忘れると、まず何をすべきですか?

もう一度チェックし、ピックアップに戻る

実際、私は “私は鍵を忘れてしまった!”と思った。
実際に服のポケットに鍵を入れていたのは、それが鞄の後ろに座っていたという一般的な話でした。

落ち着いて、あなたの所持品をすべて確認してください。

鍵を忘れた場所を見つけたら、その場所に戻ってそれを手に入れましょう。

同じ人に連絡する

一緒に暮らす家族、友人、恋人などがいる場合は、連絡して開くことができます。

いらいらしたら何をすべきか分からないかもしれませんが、状況を誰かに話している間は落ち着くかもしれません。

あなたに連絡できる人がいる場合は、一度連絡を取りましょう。

連絡先管理者

一人で暮らしている場合や一緒に住んでいる場合は、家を管理している人に連絡してください。

あなたは鍵を持ってそれを開くことができるかもしれません。

連絡先は、所有者や管理会社などの状況によって異なります。

今後、家を管理する人の連絡先情報を確認しましょう。

請負業者に依頼する

時間帯や状況によっては、生活者や管理者に連絡が取れないことがあります。

時間がない場合や緊急時には、業者に連絡して鍵を開けるのが最も信頼できる方法です。

あなたが全国特派員で、24時間を処理できるなら、自信を持って尋ねることができます。

あなたがあなたの鍵を忘れたときに備えましょう

鍵を忘れている人は多いが、対策を講じる人はほとんどいないようだ。

キーを忘れることに対する対策を講じることで、実際にキーを忘れてしまっても、気をつけません。

鍵を忘れることが起こるのは奇妙なことだと考えて、対策を講じましょう。

それは家の外に隠しておいてください

家の外にある鍵を隠す最も一般的な方法ではありませんか?

しかし、植木鉢の下では、ポストなどで分かりやすいのですぐに見つかるでしょう。

あなたが家の外に鍵を隠すなら、入り口から離れて理解するのが難しい場所にそれを隠そう。

キーボックスを取り付けする

ロックすることができるキーボックスを設定する方法もあります。

キーボックスの場合は、あなたと一緒に住んでいる人だけとPINを共有することができます。

その結果、他の人がキーを取得できないため、家の外に鍵を安全に置いておくことができます。

様々な種類のキーボックスがありますので、用途に応じて選択しましょう。

ダイヤルタイプのようなボタンを備えたテンキータイプと電話番号を押しやすいタイプ、1つのキーで管理するシリンダータイプなどがあります。

キーボックスを使用することにより、多くの家族がいる場合や子供が多い場合でも、多くのスペアキーを作成する必要はありません。

スマートロックを取り付けする

スマートロックは、スマートフォンでキーを開閉することができるデバイスです。

これにより、スマートフォンでさえもあなたの鍵を忘れることはありません。

自動的にキーをロックできるオートロックの機能もあります。

この機能では、ロックするのを忘れる心配はありません。

キーが必要な場合でも、URLを共有する相手のスマートフォンにキーを送信することで、簡単にキーを共有できます。

あなたの鍵を失った場合

「私が鍵を忘れてそこに着くと思ったとき、その場所に鍵はなかった…」そのような場合、最初に紛失した報告書を警察に提出しましょう。

警察に送ると、鍵が警察に届けられたときに連絡を取ることができます。

あなたがあなたの鍵を紛失した場所やどこかに落としたかも知れない場合は、特に注意が必要です。

スペアキーを持っていても、それを打ち砕いて放置するのは非常に危険です。

誰かが失われた鍵を受け取って鍵が複製されるリスクがあります。

多くの人々は、「鍵を拾い、家を知ることはできない」と考えています。

しかし実際に何が起こったかは、鍵を落として数ヶ月後に空席になったということです。

したがって、鍵を開くことができたとしても、鍵を交換することをお勧めします。紛失した鍵を作る鍵屋さん。

まとめ

毎日注意を払っていても、誤ってキーを忘れることがあります。

鍵がないことに気がついたら、鍵を静かに見つけてみてください。

同じ人や管理者に連絡できず、キーを絶対に開けない場合は、業者に鍵を開くように依頼することをお勧めします。

また、鍵を忘れた場合に備えて対策を講じることが重要です。

スペアキーを家の外に隠したり、キーをスマートキーに変更したりするなどして、対策を講じることができます。

鍵を紛失したことに気がついたら、失われた配達を早期に警察に提出しましょう。

キーがすぐに見つかると、そのキーが誰かにコピーされている可能性があります。

防犯面を考慮して、できるだけ早く鍵交換を頼むことをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ